不動産デベロッパー年収ランキング【現役デベロッパーが詳しく解説】

不動産デベロッパー

高給取りで有名な不動産デベロッパーですが、どの企業の給料が高いか分析してみました。
平均年収と初任給の二つの視点から、どの企業に入るのが一番おススメか解説いたします。

デベロッパー業界の年収

不動産業界全体で言うと、平均年収はおよそ660万円と、そこまで高くないのが実情です。(参考
一方、デベロッパーに限定してみてみると、1000万円越えが当たり前となっています。

それでは各社の平均年収・初任給を細かく見ていきましょう。

平均年収ランキング

参考までに上場しているデベロッパーを平均年収順に並べてみたいと思います。

有価証券報告書データ(一般職含む)

まず、1つ目のランキングは有価証券報告書(2021年度)に記載されている平均年収です。
こちらの値は総合職限定ではありません。(ホールディングスの企業も含まれていますが。)
言い換えると、一般職を含めてこの平均賃料なので、総合職限定であればこれよりも賃料は高水準です。それではTop10の企業をみてみましょう。

順位企業名平均年収従業員数
1ヒューリック1761万円181人
2日本商業開発1501万円42人
3三井不動産1263万円1577人
4三菱地所1248万円899人
5東急不動産ホールディングス1114万円52人
6ランドビジネス1100万円22人
7野村不動産ホールディングス1022万円31人
8平和不動産979万円108人
9ダイビル953万円70人
10東京建物941万円655人

四季報データ(総合職のみあり)

次に就職四季報データ(2020版)を集計したものとなります。
載っている企業が少なかったためTop7としています。
こちらは総合職限定のデータが公開されていた企業に関しては、区分列に「総」と記載しております。逆に言うと、書いていない企業は一般職含めてこの水準という、恐ろしい企業です。

順位企業名区分平均年収
1ヒューリック1530万
2三菱地所1229万
3住友不動産1222万
4東京建物1200万
5野村不動産1164万
6三井不動産1112万
7森ビル1085万

初任給ランキング

続いて初任給ランキングです。
初任給ランキングでは、総合デベロッパーに限らず、住宅系・マンションデベロッパーも多くランクインしたのが印象的な結果でした。
ただし、平均年収では総合デベロッパーが圧倒しているので、数年働くとこの差も逆転されてしまうのだろうと思います。

順位企業名2021年度初任給
1日本商業開発500,000円
2ディア・ライフ350,000円
3プレサンスコーポレーション300,000円
3オープンハウス300,000円
3明和地所300,000円
6三菱地所260,000円
6ヒューリック255,000円
6三井不動産255,000円
6森ビル255,000円
6森トラスト255,000円

ランキング1位の日本商業開発はその圧倒的な初任給の高さで有名です。
もし入ることができれば、若くしてお金に困らず生活できるので、倍率が高いながらも狙ってみるのもいいかもしれません。

おすすめの企業は

ここまで平均年収と初任給のランキングをみてきましたが、
初任給でこそマンションデベロッパーもランクインしていますが、
平均年収の上位は総合デベロッパーがほとんどという状況です。

一方、住宅デべの特徴として、販売数の多い人に対しては多額のボーナスが支払われるという特徴があり、インセンティブ次第では多くの給料を獲得することができます。

以上より、若い時から高給取りになりたい!という人は住宅デべやマンションデべ、
長い目で見て多くの収入が欲しい!という人には総合デべが向いている
のではないかと思います。

現に総合デべで働いている身からすると、
総合デべでも若いうちから十分な金額をもらえているので、
個人的には総合デべの方がおススメです。

別記事にて総合デべの選考を突破するコツをまとめていますので、
ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました